人材定着指導士

人材定着指導士はどんな資格?

8章×8項×8節 = 「512の具体的人材定着タスク」で構成された資格内容です

●人材定着指導士・認定指導士 (初級)


メニュー 
 1)自社で活躍する人の採用
  人事制度から採用要件設計/自社のハイパフォーマー分析/採用分析、目標設定/
  採用ルートでの人脈構築、情報収集/採用担当の育成 /キャリアカウンセリングのスキル/
  採用ツールの使い方/内定出しと内定フォローの方法

●人材定着指導士・認定マスター指導士(中級)

メニュー
 2)経営目標達成のための人事戦略 

経営戦略理解・数値把握・分析/経営戦略と組織構築の方法/組織構成の職務/総額人件費と労働分配率/最適人員の計算/10年後の自社のあり方と人材像/経営目標と報酬への反映/経営層、幹部の育成の仕組み

 3)人事業務に必要なマインド

自身のキャリア感を持つ/各種心理学/時代の流れを学ぶ/偉大な経営者の著書から学ぶ/質問と傾聴/経営者の理解/経営者の視点で/情報の取り方、情報に踊らされない


 4)経営戦略実行のための人事制度 
 戦略実行に必要な要素の把握/5年先の役割・階層の設計/トップのあり方、各階層のあり方、定義と要素/評価指標の検討/給与テーブルの考え方/評価方法の設定/評価者の育成/面談の仕組み化、制度の浸透

 5)経営向上のための教育制度
 人事制度から必要人材へのメニュー構築/自社で研修を実施する/人事担当を講師養成/キャリアパスと研修設計/年間スケジュール作成/研修後の実務へのフォロー/社会の1人としての教育/メニューのブラッシュアップ

 6)人事が行う事業支援 
 事業、業界動向、経済環境を知る/月1回、現場に行き、話を聴く/社員と面談して定着促進する/管理職と意思疎通。現場情報把握/営業支援。人事関連取引先を紹介する/現場で必要なリソースを計画へ/中途採用から経験や業界を知る/人事評価のフォローをする

 7)労務・働き方改革
 同一労働同一賃金、非正規見直し/賃金引き上げ、長時間労働是正/人材育成、格差固定化防止教育/テレワーク、副業・兼業/誰もが活躍しやすい環境整備/障がい者の就業促進/治療、子育て・介護と仕事の両立/外国人材の受け入れ

●人材定着指導士・認定ドクター指導士(上級)

メニュー
 8)社内プロジェクト企画・運営
 ファシリテーションスキルをつける/ワークアウト/人事ITシステム導入プロジェクト/新規事業を立ち上げる/若手社員による採用プロジェクト/部門に入り業務プロセス改善/人生100年時代退職金改革/次世代経営層育成プロジェクト

資格取得の際の注意

・「認定指導士」(初級)、「認定マスター指導士」(中級)は、同時に取得可能です。
※認定マスター指導士(中級)のみの受験はできません

・認定ドクター指導士は、認定マスター指導士有資格者が受験資格者です。